和事研究会ヘッド1
和事研究会 ヘッド2
和事研究会 ヘッド お問い合わせボタン
和事研究会 ヘッダー3
和事研究会 トップボタン
和事研究会 研修会の目的
和事研究会 プログラム
和事研究会 茶道
和事研究会 華道
和事研究会 和装文化
和事研究会 参加者の声
和事研究会 着付けの事例
和事研究会 作品集
和事研究会 リンク集
和事研究会 メニュースペース

トップページ > プログラム 華道

和事研究会 プログラム
和事研究会 説明紐1

プログラム 華道

和事研究会の活動プログラム内容

1)研究内容

 華道(佳生流)

 毎回、茶道、華道、和装文化のうち二つを組み合わせて研究します。
 それぞれ、その道を極めることを目標にするのではなく、楽しみながら神髄を理解し、
 所作の基本と関連する幅広い知識を習得し、日ごろの生活に生かすことを目指します。

2)研究日
  ・月2回〜4回 (研究生の都合優先で決定)

3)費用
  1回 ¥2,000
  花材 実費¥1,000

4)人数:  1グループ3名まで(個人での参加可)

5)場所:  JR高円寺駅徒歩7分


-講師ご紹介-

◆島田眞美(しまだまみ)◆
 ・茶名:宗真
 ・華名:真華
 ・きもの学院着付講師


  *詳細は、メールでお問い合わせください。(wagotoken@kza.biglobe.ne.jp)

和事研究会 説明紐3
和事研究会 区切り線 花

華道教室概要



Ⅰ 盛花の構成と姿態(花型)

1)構成
1.主枝  
 生け花の輪郭をつくる主なもの  
 第一主枝: 最も長くて立派な枝;全体を支配する  
 第二主枝: やややさしい枝;立体をつくる第二の枝として重要  
 第三主枝: いちばんやさしい枝;立体を構成し、変化をつけ、全体にしまりを与える
2.副枝  
 第一主枝の後ろに控える枝で、深水をつける役目のもの
3.心  
 全体の中心に用いられるもの
4.心添  
 心を助けるあしらいのもの。季節感を強調したり、全体に安定感を与えたりして足下にしまりをつける。

2)姿態(花型)
1.立真型  
 第一主枝が、垂直線から20°くらいまでの間にはたらく花型
2.傾真型  
 第一主枝が、20°〜60°ぐらいに傾斜する花型
3.平真型  
 第一主枝が、低く横に伸びる花型
4.垂真型  
 第一主枝が、120°ぐらい下に垂れ下がる花型
5.四方正面型  
 テーブル花。四方から観たとき、それぞれ違った趣を表すように行ける花型。  
 主枝を4本使う。

和事研究会 区切り線 花
Copyright (C) 2011 wagoto Research institute.All Rights Reserved.